記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

一度は働いてみたい!人気企業ランキング(建築/不動産編)

Category Image
3.9.1

みなさんは学生時代、働いてみたいと憧れていた会社はありましたか?
2020年に迫る東京オリンピックを前に、大手ゼネコンや不動産業に携わりたいと考える学生もいるのではないでしょうか?

今回Students lab編集部では、建築、不動産業界に焦点を当てて学生にアンケートしました。

学生が働きたいと思う建築・不動産業界人気ランキング!

3.10.1

1位:三菱地所

今回の1位は、銀行、商事、重工と並ぶ三菱グループの一角である三菱地所でした。

三菱地所の不動産業界での売り上げは3位ですが、学生からの人気が1番高いという結果になりました。
丸の内の地主と言われるように、丸の内の土地を多く所有しているほか、CMも関東圏に住んでいる人であれば目にしたことがある人も多いでしょう。
大手ゼネコンに比べると、比較的広告数が多い不動産業界。

学生からの知名度が人気につながっているよです。

2位:積水ハウス

続いて大手ハウスメーカーである積水ハウスが2位にランクインしました。

業界No. 1の業績を誇る積水ハウスは、他の企業と比べても平均年収・ボーナスは高いようです。

もちろん、給与面も影響していることと思いますが、こちらもテレビCMを多く流しているイメージが強いですよね。
やはりゼネコンよりもBtoC企業の方が、就活を始めていない1、2年生を中心に人気が集まるようです。

3位:三井不動産

3位に選ばれたのは、不動産業界1位の売り上げ三井不動産でした。
不動産以外にも、銀行や三井物産など、三菱に並ぶ旧財閥企業の代表ですね。

大規模ショッピングセンターの先駆け「ららぽーと」や、東京ディスニーランドのライセンス契約での運営にも関わっています。

ショッピングセンターやアウトレットモールなど、学生もよく利用する施設であり認知度の高さが人気につながっているのではないでしょうか。

4位:住友不動産

4位は、同じく不動産業界から住友不動産がランクインしました。
こちらも、旧財閥系の企業ですね。
三井不動産、三菱地所と異なり、体育会系の社風のようです。

1位、2位、4位に不動産会社がランクインしていることからゼネコンやハウスメーカーよりも不動産のほうが人気があることがわかりました。

5位:YKK AP

5位は、窓のサッシなどの住宅用商品を製造、販売しているYKK APでした。

大手ゼネコンや不動産、ハウスメーカーよりも上位だったというのは驚かされます。
CMの効果も大きいのかもしれませんね。

まとめ

今回は、ゼネコンや不動産、ハウスメーカーなどに焦点を当てて人気ランキングを調査しました。
不動産は、一見建築家の学生しか採用しないというイメージを持たれがちですが、ディベロッパー職は文系でも採用枠があります。
狭き門ではありますが、学生からの人気が集中することが分かりました。
一方でゼネコンは、就活を始めていない学生には馴染みがないためかあまり働きたいと思われないようです。

Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2016年02月28日~02月29日 回答者数:183人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:construction by dfc works, on Flickr)