記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

仕事依頼プラットホーム「Campus Works」で大学生に仕事依頼してみませんか?

Category Image

みなさんは大学生にアプローチする場合にどういった手段をとっていますか?
大学生集客や大学生向けサービスの展開など、大学生に対してアプローチすることは中々難しいです。

大学生は4年間という短い期間であることもあり、同じ学生が定着して居続けるわけではなく、中長期的な関係性を築きにくいです。その結果として、学生団体/サークルに協賛したり、学生に依頼をしても翌年に続きにくく、一時的な関係に留まってしまいます。

とはいえ安定した大学生ネットワークを自社で持つのは難しく、そのうえでお勧めしたいのが仕事依頼プラットホーム「Campus Works」です。
今回は、Campus Worksを活用することで、どういった課題を解決できるのか紹介していきます。

仕事依頼プラットホーム「Campus Works」とは?

20151225_Slab_bannerPC

「Campus Works」は、オーシャナイズの保有する約30万人以上の大学生に仕事を依頼出来るプラットフォームです。
アンケート、サイト登録、アプリインストール等、様々な案件で仕事を依頼することができます。
気軽に若者のインサイトの回収やクライアントの課題解決を手伝ってもらう事ができ、学生はその報酬としてポイントを得る事が出来る仕組みになっています。

それでは、そのCampus Worksでどういった課題が解決できるのか説明していきます。

大学生だからこそ出来る

[課題]
・大学生だけにリーチしたい
・大学ごとに違ったアプローチをとりたい

大学生マーケティングで難しいのが大学生の母数が少なく、大学生にそもそもリーチができないこと。
ですが、実際には大学別に違ったアプローチが取れるほうが良いですし、学年や趣味志向に合わせ最適化されたターゲットに届けるのが良いです。

Campus Worksであれば、大学別/学年別で細かなターゲット設定にも対応することができ、情報収集やリーチが可能です。
もちろん大学生に仕事を依頼することができますので、大学生視点や大学生ならではの行動が可能になります。

数値や結果の保証がある

[課題]
・安定した大学生集客をしたい
・学生団体やサークルに依頼すると人数が担保できず困る
・結果が見えにくく効果測定ができない

大学生に仕事を依頼するうえで不安なこととしては、保証がなくどうなるか分からないことではないでしょうか。
「やる」と言っていたのに期限通りにやらない、急に連絡が取れなくなる、など大学生と仕事をしていると起こることもたまにあります。

仕事としてやっている以上、結果の保証がないなかやるのは不安定ですよね。
Campus Worksを活用すれば、学生との仲介役として円滑に回るようサポートがありますし、安心して大学生対応を任せることができます。
特に、イベントの大学生集客はどこでも大変ですので、Campus Worksが力になること間違いないはず。

緊急時の対応も可能

[課題]
・集客期間が短く対応できない
・なにかあったときに相談/サポートする相手がいない

学生とプロジェクトを進めていく中で、学生が大学の授業で迅速な対応ができない場合があります。
また、イベント関連ですと集客期間が短いほど集客は厳しくなりますし、少しでも早い対応が求められます。

Campus Worksであれば学生との仲介役で案件の進捗具合を確認/サポートができます。
また、イベントの集客期間が短い案件に関しても、すぐに対応し必要人数の集客を行うことができ、集客に困ったときには本当に便利と言えるでしょう。

Campus Worksを試しに導入してみませんか?

大学生マーケティングを行う、大学生との接点をつくるうえで、Campus Worksは確実にプラスになるツールです。
どう活用するといいか、その活用法は様々ですので、どういった形が最適か、興味ある企業様には一度お話できればと思っています。

Campus Worksはクローズドサービスのためご利用いただくにはお問い合わせ頂く必要があります。
もし「Campus Worksを使ってみたい」「もう少し詳しく話を聞きたい」という場合には、下記よりお気軽にお問い合わせください。

contact20160209