CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

低予算で国外を個人旅行するバックパッカー。興味のある学生は37%

みなさんは学生時代、バックパッカーをしたことがありますか?
また、周りでしていた人はいましたか?
学生の時にバックパッカーに憧れを持っていた方もいたのではないでしょうか。
今の学生はバックパッカーに対してどのような印象を持っているのでしょうか?
今回Students labではそんなバックパッカーに関する調査を行いました。

バックパッカーをしたことがある学生は7%

1
バックパッカーをしたことがありますか?という質問に対し、「したことがある」と回答した人は7%という結果になりました。
また、「計画はしたことがある・予定がある」という学生を含めても12%という結果になりました。
学生の大半はバックパッカーをしたことがなく、今後もする予定がないということです。

バックパッカースタイルで旅行をしてみたい学生は37%

2
予定や経験がある学生は7%だったものの、バックパッカースタイルで旅行してみたい学生は「とても思う」「少し思う」を足すと37%もいるという結果になりました。
実行に移せていないだけで、興味がある学生は多そうです。

バックパッカースタイルで旅行してみたい理由

・経験になりそう
・いろんな国を回ってみたいから
・あてもなく世界を歩いてみたい
・今後の自信になる
・ハラハラドキドキして楽しそう!
・いろいろな出会いがありそう
・かっこいい!
・した人の話を聞いて楽しそうだから

1番多かった理由は、「楽しそう」「かっこいい」「経験になる」でした。
バックパッカーの方のFacebook、twitterを見ていると、本当に楽しそうですよね。
そして、自分の足で世界中を回る姿はとても勇ましく見えます。
なかなかできない経験をすることはとても貴重なことです。

バックパッカーするならヨーロッパが60%

3
バックパッカーをするならどの地域に行ってみたいですか?という質問に対し、1番多かったのは「ヨーロッパ」
の60%でした。
次はアメリカの42%でした。
圧倒的に人気なのは欧米という結果になりました。
憧れの西洋文化をたっぷり味わうならやはり欧米です。
アジアに比べたら物価は高いものの、それでもぜひ訪れてみたいということでしょう。

イメージする予算は20万以上と回答した学生は25%

4
バックパッカーをするにあたってイメージする予算を学生に聞いたところ、1番多かったのは「20万円以上」と言う結果になりました。
しかし、他の意見と大差がないというのも事実です。
行く国、国数、期間によっても大幅に変わってくるでしょう。

イメージする日数、数週間と回答した学生は32%

5
バックパッカーをするにあたってイメージする日数を学生に聞いたところ、1番多かったのは「数週間」という意見でした。
数週間であればそこまで大金を要さずとも十分に楽しむことができます。
次に多かったのは「1週間くらい」の26%でした。

バックパッカーをやりたくない理由

最後にバックパッカーをやりたくないと回答した人に対して、なぜやりたくないのか調査してみました。

・しんどそう
・どんな人に出くわすか怖い
・荷物が多すぎる
・旅行はのんびりしたい
・お金がかかりそう
・興味がない

1番多かった意見は「怖い」「お金がない」「興味がない」という意見でした。
海外は日本と比べてかなり治安の面で問題があり、その点を危惧する学生が多く見られました。
また、バックパッカーは比較的長期間海外に滞在するためお金がかかります。
お金がない学生にとっては、かなりの痛手になるようです。

まとめ

・バックパッカーをしたことがある学生は7%
・バックパッカースタイルで旅行をしてみたい学生は37%
・バックパッカースタイルで旅行してみたい理由「かっこいい」「楽しそう」「経験になる」
・バックパッカーするならヨーロッパが60%
・イメージする予算は20万以上が25%
・イメージする日数、数週間と回答した学生は32%
・バックパッカーをやりたくない理由「怖い」「お金がない」「興味がない」

バックパッカーをしたことがない学生は大半を占めている半面、興味を持つ学生はそれよりも多いということがわかりました。
かっこいい、楽しそう、経験になりそうなど、プラスのイメージを持つ学生も多くいました。
また、バックパッカーするなら欧米がいい!という学生が大半を占めていることも調査からわかりました。
半面、バックパッカーをやりたくない学生もいます。
その理由としては「怖い」「お金がない」「興味がない」ということが挙げられました。
Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2015年10月3日~10月6日 回答者数:298人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by: by , on Flickr)