CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

【アメリカvs.イギリス】アメリカ英語の方が役立つと思っている大学生が80%

アメリカ、またはイギリスに行ったことがある方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?
旅行や留学で訪れたことがある人が多い国だと思います。
この2国の共通点は英語。
学生はこの2国の英語についてどう感じているのでしょうか?
今回Students lab編集部では、学生のアメリカ英語、イギリス英語に対する調査を行いました。

イギリスに留学したい人は58%

a
留学するならアメリカかイギリスどちらがいいかという質問に対し、アメリカと回答した人は42%、一方イギリスと回答した人は58%と、ややアメリカを上回る形になりました。
では、アメリカを選んだ人は、なぜアメリカを選んだのでしょうか?
その理由についても調査しました。

アメリカに留学したいと思った理由

「英語のなまり」「レベルの高い教育」「食事」という意見がとても多かったです。

・いろいろな文化に触れられそうだから
・自由な雰囲気を味わいたい
・レベルの高い教育を受けたい
・ご飯がおいしそう
・世界の最先端だから
・イギリス英語はなまっているから

イギリス英語はアメリカ英語と異なり、なまりのある英語です。
TOEICでもイギリス英語を苦手とする人は多いですよね。
どうせ学ぶならなまりの少ない英語を学びたいと考えるのでしょう。
また、大学の選択肢が多いのもアメリカの特徴です。
アメリカと言えばおいしい食事!
長く暮らすのであれば、それは重要なポイントの1つになります。

イギリスに留学したいと思った理由

一方、イギリスを選んだ人の理由についても調査しました。

・独特のなまりに触れてみたい
・治安がよさそう
・本場の英語だから
・英語の発祥地だから
・イギリス文学が好きだから
・アメリカは銃社会で怖い
・近隣のヨーロッパいも行ける

目立ったのは「なまりに触れてみたい」「治安」「英語発祥の地だから」という意見でした。
アメリカを選んだ人は「なまり」を気にしてアメリカを選択していましたが、イギリスの場合は逆になまりをプラスに捉えているようです。
また、治安を挙げている人も多くみられました。
アメリカの銃社会が怖いからイギリスがいいという意見も多かったです。
また、英語の発祥の地にぜひ行ってみたい!というコアな英語ファンもいました。

イギリスに旅行に行きたい人は62%

b
アメリカがイギリス、どちらに旅行したいかという質問に対し、アメリカが32%、イギリスが62%と言う結果になりました。
やはり、こちらでもイギリスが優位でした。

アメリカで1番行きたいところは「ニューヨーク」

それでは、アメリカに旅行したい人はどこに行ってみたいと考えているのでしょうか?

・ニューヨーク
・ディズニーランド
・ロサンゼルス
・グランドキャニオン
・ラスベガス

一番多かったのは圧倒的に「ニューヨーク」でした。
アメリカと言えば…と言われて真っ先に思いつくのがニューヨーク、と言う方も多いのではないでしょうか?
また、本場のディズニーランドへ行きたい!という人も多くいました。
ロスやグランドキャニオン、ラスベガスも観光で大人気のスポットです。

イギリスで1番行きたいことろは「ロンドン」

9割くらいの学生が「ロンドン」と答えていました。

・ロンドン
・ビックベン
・バッキンガム宮殿
・ハリーポッターのロケ地

この意見の中のビックベンとバッキンガム宮殿もロンドンにあります。
やはり、イギリスで観光するといったらロンドンが最も人気なようです。

世界で役立つ英語、アメリカと回答した学生は80%

c
「より世界で役立つのはどちらの英語ですか?」という質問をしました。
すると「アメリカ英語」と回答したのは80%と、イギリス英語の20%を圧倒的に上回るという結果になりました。
留学や観光に行きたいのはイギリスが勝っていたのに、なぜアメリカ英語が圧倒的に勝ったのでしょうか?

アメリカ英語を選んだ理由は「実用性」

アメリカ英語、と回答した学生にその理由について調査しました。

・学校でも使われるのはアメリカ英語だから
・アメリカが世界の中心だから
・アメリカ英語の方が使われていそうだから
・世界一の経済大国だから

実用性を考えてアメリカ英語を選んだという意見が圧倒的に多かったです。
やはり、なまっている英語よりもなまっていない英語を学びたいということでした。

イギリス英語を選んだ理由は「本場の英語」だから

・発音が上品だから
・発音がクリア
・本来こちらが英語の標準だと思うから

イギリス英語に魅了された人が、こちらを選択したようです。
本来の発祥地はイギリスということで、本場の英語を学びたいという意見も多くみられました。

まとめ

今回の調査結果でわかったことはこちらです。

・アメリカとイギリスなら、イギリスに留学したい人は58%
・アメリカを選んだ理由は「英語のなまりがない」「レベルの高い教育」「食事」
・イギリスを選んだ理由は「なまりに触れてみたい」「治安」「英語発祥の地だから」
・イギリスに旅行に行きたい人は62%
・アメリカで人気の観光地は「ニューヨーク」
・イギリスで人気の観光地は「ロンドン」
・アメリカ英語を選んだ理由は「実用性」
・イギリス英語を選んだ理由は「本場の英語」だから

今回は学生に、アメリカとイギリスについて様々な観点から調査をしました。
アメリカ英語とイギリス英語に対する調査も行いました。
留学、旅行ではイギリスの方が人気でしたが、実用性を考えるとアメリカ英語の方が人気だという結果になりました。
イギリス英語を選択した人はイギリス英語に魅了されている人が多くみられました。
Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
(実測日:2015年08月28日~09月01日 回答者数:299人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:English Language Grunge Flagby Nicolas Raymond, on Flickr)