CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

Amazonで買い物をしたことがある学生は8割!大学生にとってのAmazonの認知度って?

世界最大級のインターネット通販サイト「Amazon」を運営する企業Amazon.com Inc.をみなさんは知っていますか?
1995年にアメリカで創業者のジェフ・ヘゾスによってAmazon.comは設立され、同年11人の従業員を、1999年までには1600人以上の従業員と450万人以上の顧客を抱えるようになりました。
現在では、世界13カ国で運営され、取り扱う商品は、書籍やCDから食品、家電まで、日本国内だけで1億点を超えます。
これまでは、国内の企業に焦点を当てて調査してきましたが、今回はアメリカの企業であるAmazon.com Incが大学生にとってどれくらい認知度があるのか調査しました。

学生の9割以上が知っている

amazon1
9割以上の学生が通販サイト「Amazon」を知っているようです。
やはり世界で一番利用されている通販サイトであるため、知っている学生はとても多いですね。
ちなみにAmazon.com Inc.という会社名は世界で最大規模の流域面積を持つ南アメリカのアマゾン川から来ているそうです。

8割の学生がAmazonで買い物をしたことがある

amazon2
なんと8割の学生が「Amazonで買い物をしたことがある」と回答しました。
さらに、3割以上の学生が月に1度はAmazonで買い物をしています。
利用頻度が高い学生が多いことから、通販するならAmazonで、という学生も比較的多いようです。

多くの学生がKindleを知っている

amazon3
Kindleの認知度は約7割となりました。
電子書籍端末「Kindle」は2007年に販売が開始され、現在は世界中で販売されています。
kindleは、無線LANを通じて電子書籍などのコンテンツを端末にダウンロードできます。
アプリケーションストア「Kindle Store」を通じて、電子書籍などのコンテンツが購入でき、データはPCなどを経由せずに直接ダウンロード可能です。

Amazonが手掛けた商品と知らない学生は半数

amazon4
KindleがAmazonが手掛けた商品と知らない学生は46%と約半数となりました。
Amazonと言えば多くの学生は通販サイトというイメージが強いせいか、kindleとAmazonは結びつかない学生も多いようです。

「Amazon EC2」を知ってる学生は約1割

amazon5
クラウドサーバー「Amazon Ec2」の認知度は約1割でした。
「Amazon EC2」とは、規模の変更が可能なコンピュータ処理能力をクラウド内で提供するウェブサービスです。
クラウドサーバー自体、プログラミングやサイト運営などWEBに精通していないと触れることは少ないかと思います。
その中で、3%の学生は利用している、とのことで、この数値は意外と高いともいえるかもしれませんね。

Amazon.com Inc.はオンライン書店から始まりましたが、現在は電子書籍端末やウェブサービスまで提供するようになり、世界を代表する企業となりました。
これからAmazonから画期的なサービスや商品がもっと生まれ、世界からより注目を浴びるかもしれませんね。
(実測日:2014年10月21日~22日 回答者数:845人 /タダコピアプリ調べ)