記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

学生の漫画事情。「現在、好きな漫画がある」のは、約56%。

Category Image

『ドラゴンボール』、『名探偵コナン』、『ちはやふる』などなど。。。
面白い漫画は日本にたくさんあります。

また、それらの作品は海外でも人気を博している作品も多いため、日本の漫画文化は、誇れるものだと言っても過言ではないでしょう。

そこで、今回Students lab編集部では、学生の漫画事情について調査を行いました。
学生がどれくらい漫画を読み、どんな漫画が好きで、漫画が学生生活にどのように関わっているのか、等を探ってみようと思います。

好きな漫画がある学生は、全体の約56%。

Q.現時点で、好きな漫画はありますか?

はい 56.03%
いいえ 43.97%

170929 1

現時点で好きな漫画がある学生は、全体の約56%でした。
ちなみに、『いいえ』と答えた学生のうち、過去に好きだった漫画があるのは、およそ36%でした。
全体の約7割は、何かしらの漫画を好きになったことがあるみたいです。

学生に好かれる漫画に、『ONE PIECE』『NANA』など。

現時点で好きな漫画がある学生には「好きな漫画」を、過去に好きな漫画があった学生には「好きだった漫画」を、漫画を読んだことがあるだけの学生には、「印象に残っている漫画」を聞いたところ、以下の回答を複数の学生から得られました。
少女漫画からは『アオハライド』『君に届け』『好きです鈴木くん』『ストロボエッジ』『砂時計』『ちはやふる』『NANA』『花より男子』『のだめカンタービレ』『よつばと!』の10作品、少年漫画からは『こちら葛飾亀有公園前派出所』『スラムダンク』『テニスの王子様』『NARUTO』『ハイキュー!!』『BLEACH』『名探偵コナン』『メジャー!』『ワンピース』9作品、さらに国民的漫画『ドラえもん』です。

持っている漫画の作品数は、1~5作品が最多。

Q.あなたは、漫画(単行本)を何作品くらい持っていますか?

0作品 12.97%
1~5作品 49.37%
6~10作品 17.72%
11作品以上 19.94%

170929 3

現在、好きな漫画がある学生の約半数は1~5作品、2割弱は11作品以上、約13%は1作品も持っていない。という結果になりました。
魅力的な漫画はたくさんありますが、『漫画を買う』という行為に関しては、学生にとって少し障壁があるようです。

ストーリーや絵、登場人物で漫画を好きになる学生が大半。

Q.漫画を好きになる判断基準を教えてください。複数回答

ストーリーが面白いかどうか 87.97%
絵が好きかどうか 55.38%
好きな登場人物がいるかどうか 29.11%
笑えるかどうか 21.84%
メッセージ性があるかどうか 11.39%
作者が誰か 6.33%
世間的に人気かどうか 3.80%
知り合いの人が読んでいるかどうか 3.16%
アニメ化されているかどうか 2.53%

170929 2

現在、好きな漫画がある学生に、上記の質問をしたところ、回答者の9割弱が『ストーリー』、約55%が『絵』、約3割が『登場人物』を重視することが分かりました。
最近は漫画とコラボした企画を多く見かけますが、確かに、好きな漫画のストーリーを、その企画で忠実に再現していると、私も嬉しくなります。(笑)

週に1回以上漫画に触れる学生は、全体の4割弱。

Q.あなたは、どれくらいの頻度で漫画を読みますか?

ほぼ毎日 20.89%
週に2,3回 20.25%
週に1回 28.16%
ほとんど読まない 30.70%

170929 4

現在、好きな漫画がある学生のうち、毎日または週に2,3回漫画を読むのは約2割ずつ、週に1回漫画を読むのは3割弱、という結果でした。
最初の質問を踏まえると、学生の4割弱が週に1回以上漫画に触れている事が分かります。

漫画好き学生の約6割が電子書籍漫画も読むが、未だに紙媒体の方が好まれている。

Q.あなたは、電子書籍で漫画を読みますか?

はい 59.49%
いいえ 40.51%

170929 5

Q.紙媒体と電子書籍の漫画は、どっちの方が好きですか?

紙媒体 60.13%
電子書籍 16.77%
どちらとも言えない 23.10%

170929 6

好きな漫画がある学生の約6割が「電子書籍で漫画を読む」と回答しました。
しかしながら、紙媒体の漫画と、電子書籍の漫画で、どちらが好きか聞いたところ、「紙媒体の方が好き」と答えた学生数は、「電子書籍の方が好き」と答えた学生数の3倍以上でした。
いつでも、どこでも、手軽に読める電子書籍ですが、まだまだ発展の余地があると言えます。

学生にとって、漫画は親しい存在。

音楽鑑賞、スポーツ、映画鑑賞、テレビゲーム、楽しいコンテンツはたくさんありますが、それでも、多くの学生が好きな漫画を持ち、それなりの頻度で漫画を読んでいます。
少女漫画や少年誌の作品とコラボ企画を行うのも、面白いかもしれません。

Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみてください。

また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2017年9月23日~25日 回答者数:589人 /Students lab編集部調べ)